ブログ維持費考察

おさかなです。プログラミングスクールも残り1回です。
現在はSinatra編を終わらせ、Rails編の導入部を終わらせたところです。
プログラミングスクールのことは後程別途記事にしますので、お楽しみに。

さて、今回はタイトルにあるようにウェブサイトの維持費について考察したいと思います。
しばしば無料ブログとWordPressを比較する文脈があります。そこでポイントとして挙がるのが維持費でしょう。
ただ、私が始めてブログをやってみて思っていたよりも安く維持できそうだったのでまとめておきます。

ちなみに私がWordPressにしたきっかけはHTML/CSSやPHPを勉強してテーマのカスタマイズをしたいと思ったのと、サーバー周りの勉強をしてウェブアプリケーションを作ってみたいと思ったことです。
レンタルサーバーであればWordPressは簡単インストールできてしまうのでサーバー周りの勉強になっているかどうかは微妙ですが、無料ブログよりはマシであろうと考えました。

本題に入りまして、通常のウェブサイトやWordPressで書いたブログを公開するにはサーバー代とドメイン代の2つが掛かります。それぞれについて見ていきましょう。

1. サーバー代

維持費: 0~12,000円/年程度

サーバーとはWordPressや記事を置くためのスペースです。
自宅の古いパソコンでサーバーを構築する人もいますが、スペースを取られる上に24時間つけっぱなしとなることから電気代や空調の問題も出てきます。そのため大半の人は業者からレンタルサーバーを借ります。
レンタルサーバーでは多くのユーザーが1台のサーバーを共有しているため、他のユーザーに影響を受ける部分もあります。例えば、同じサーバーに入っているユーザーのサイトの中に人気サイトがあったら自分のサイトの表示が重くなるといった調子です。

このサイトで現在使っているXREAは広告が出る代わりに無料です。
サーバー容量は1GBしかないので、記事や画像が増えたりブログ以外のコンテンツを載せようと考えたりしたら容量が足りなくなることでしょう。
また、転送量については1GB/日しか速度の保証がないので、PVが増えたりしたら重くなってしまうでしょう。
どうやら月間2万PV程度で1GB/日に到達してしまうそうです。

WordPressに最適なサーバーの3つの条件とおすすめサーバー

その時になったらGoogle Adsenseのような広告を貼ったりAmazonのアフィリエイトを利用したりしてサーバー代くらい賄えるようになるはずなので、サーバーを移ろうかと思います。

移転候補の1つとしてはCORESERVERを考えています。
CORE-MINIなら容量30GBで2,381円/年+税、CORE-Aなら60GBで4,762円/年+税で転送量条件も緩いためこれで大丈夫でしょう。

これでも足りなくなったら、エックスサーバーが評判が良いためこちらに移ろうかと思います。
こちらはX10プランで容量200GBの10,800円/年+税となり、複数サイトの運営や人気サイトのトラフィックをさばくのにも充分でしょう。

これでも耐えられない程のPVがあったり、Ruby on Railsで作ったアプリが人気になったりしたならVPSやAWSを借りる必要があるのでしょうけど、その時になったらまた考えましょう。
VPSやAWSは仮想マシンとなるため、個々のユーザー毎にサーバーのメモリなどのリソースが割り振られ、サーバーの管理者権限が与えられます。このため設定の自由度が高く融通が効きやすいのと、リソースを他ユーザーと共有する部分が減ることからトラフィックを安定的にさばきやすいというメリットがあります。
ただ、設定が難しいのでそこまでのことをするのでもなければレンタルサーバーで良いかなと思っています。

2. ドメイン代

維持費:0~3,000円/年程度

ドメインとはサイトのアドレスのことです。

実はレンタルサーバーを借りると無料でついてきます。
このサイトであればhttp://osakanafly.s1004.xrea.com/となっています。
しかし、このようなアドレスだとサーバーを移るとその都度アドレスが変わることになり、ブックマークや検索エンジンの設定も変わってしまうためサイトにアクセスしてもらいにくくなります。
そのため、WordPressでブログを運営している人の大半はお金を払って独自ドメインというものを取得しています。
このサイトであればhttps://osakanafly.info/ですね。

独自ドメインは世界に1つしかないものとなり、サーバーを移っても使うことができます。
維持費は末尾のドメイン名によって異なり、.comや.net、.infoは1,280~1,480円/年+税と安い一方、.jpは2,840円/年+税くらいはします。
参考:JPドメインの登録料はなぜ高いのか

なお、業者は上部組織から割り当てられたドメインを代行して売っているだけなので、更新料や移管料はどの業者でもそこまで変わりませんが、最初の1年は業者毎に割引があることが多いです。上手く使いましょう。
このサイトでも.infoドメインが初年198円+税(税込215円)だったために導入してしまいました。

業者毎に差が出る部分といえばWHOIS情報の代行です。
ドメインを取ると保有者の氏名や住所や連絡先といった情報(WHOIS情報)を全世界に公開する義務があります。ただ、これらの情報を業者に提供する代わりに業者の情報をWHOIS情報として公開できるというWHOIS代行というものを使える業者があります。
個人情報を公開するのが嫌な人でも安心ですね。但し、サイトで違法な情報を公開したりするとWHOIS代行をしていても警察から業者に照会がくるため、完全な匿名という訳ではありません。

また、上記でまとめたエックスサーバーの場合は独自ドメインがセットでついてくるためドメイン代は掛からず2つ合わせて10,800円+税/年ということになります。

無料ブログとの比較

維持費:0or3,300円/年

無料ブログの中でも高機能でテンプレートの数も多く広告も減らせるFC2ブログと比較することにしましょう。

FC2ブログの無料プランでは広告が出る代わりに無料で、容量は10GBです。但し、独自ドメインは利用できません。
有料プラン(FC2ブログPro)というものもあり、3,300円/年で広告完全非表示・容量無制限となり、別途ドメイン代を払えば独自ドメインも利用できるようになります。ページのカスタマイズの自由度も上がります。

ただ、ページのカスタマイズの自由度ではWordPressが格段に高く、テーマも豊富でブログだけでなく通常のウェブサイト(お店のホームページなど)も作ることができるほどです。
PHPなどのプログラミングの知識があれば通販システムなどをつけることもできます。

また、レンタルサーバーは設定すればメールサーバーとしても利用可能で、末尾がgmail.comではない独自のメールアドレスを発行することもできます。容量はWebサーバーと共有になってしまうため使いにくいこともあるかとは思いますが、これもブログサービスにはない特徴でしょう。
更に、FTPサーバーとして設定すればファイル置き場としても活用可能です。
今時DropboxOnedriveがあるのでそこまで必要でもないとは思いますが、大容量のサーバーを借りている時は一応利用もできます。

まとめ

WordPressサイトの維持費はサーバー代とドメイン代を合わせて0円~12,000円/年程度です。
ただ、アクセスが少なければ1,500円/年程度から維持できますし、初年は100円くらいしか掛からないこともあります。
独自ドメインに拘らなければ無料でも始めることはできます。
テーマも豊富で自由度が高く、メールサーバーなどの機能も作ることができます。

興味があったらぜひ始めてみてください。

ではでは。